bon-wasanbonの日記

日々の暮らしや子育てについてゆるく書いていきます

【暮らし】出産費用の医療費控除申請

初めて手続きしましたが、意外と簡単でした。

はじめに

普段の通院や妊婦健診などで支払った医療費の合計額から保険金や出産一時金などの補填を引いた金額が10万円(所得が200万円以上の場合)を超えた場合、医療費控除の手続きをすることで還付金がもらえることが。次の年の住民税も安くなるのでやった方がいいです。

私の場合だと出産関連の費用は2019年から2020年にかけて発生しましたが、2019年分は家族分の医療費含めても基準金額を超えなかったため、実際に出産した2020年の分だけ申請しました。共働きの場合、一般的には所得が高い方を申請者とした方が還付金が多くなります。産育休をとった年は所得が低くなるので、夫で申請することを検討した方が良いかと思います。

以下が参考になりました。

やったこと

やり方としてはe-taxでやるか、書類を税務署に持参or郵送するかかと思います。深く考えずに郵送にしたのですが、今考えるとマイナンバーカードをスマホで読み取ってe-tax、というのがスマートだったのかも。数年前はe-tax使いづらいという話もありましたが今はどうなんでしょうね。次の機会があれば使ってみたいです。郵送も私にとってはそんなに手間ではなかったです。

用意した物

記憶ベースなので書き忘れがあったらすみません。実際に手続きされる場合は国税庁のサイトを参照してください。

・申請者名義の源泉徴収票振込先口座番号

入力していく上で必要なので夫から連携してもらいました。

・領収書または健康保険組合発行の「医療費のお知らせ」

医療費明細を作るのに使います。医療費のお知らせがあればそれをそのまま添付するのでもOKらしいのですが、まだ反映されていない月の分もあったので手でぽちぽち入力しました。

・申請者と扶養家族のマイナンバーカード

夫と子どものもの。夫の方は本人証明書類としてコピーも必要でしたが、子の方は番号がわかればOK。私個人の情報は不安になるくらい必要なかったです。

申請の流れ

オンラインで確定申告書と医療費明細を作成し、印刷して本人証明書類とあわせて送付という感じでした。以下に沿って入力していけばOK。

最後に

オンライン上で還付金額も自動算出されるのですが、自分と夫で数万円は変わってびっくり。うっかり自分ので申請しなくてよかったです。2月頭に申し込んで、3月頭には還付金振り込みの通知がきました。コロナの影響で確定申告の期限が延長されたようですし、過ぎたとしても一定期間までなら遡って申請できます。大きい出費がないとなかなかやろうと思わないですが、家族の分も含めてとなるとチリツモで申請できるケースも多そう。セルフメディケーションとして申請できないかも今後意識していきたいと思います。

【子育て】生後8ヶ月の成長記録

妊娠中は軽くなった花粉症、産後は元通りになって残念です。生後8ヶ月の成長についてメモします。

できるようになったこと

・つかまり立ち

初めのうちは失敗が多くヘルメット必須でしたが、今では伝い歩きもできるように。ちょっと離れるとベビーサークルの柵をガタガタ揺らして抗議します。

・哺乳瓶を自分で持つ

自分のペースで飲みたいのか、親の手から奪うようにして飲みます。楽ではありますが、ちょっと寂しい。

・積み木をつかむ

積んであるうちの一部をひょいとつかんだり、積み木同士をぶつけて音を出したり。自分で積むのはまだできません。

・拍手、指差し、バイバイ

真似するというか、ふとした時に一人でやっている感じです。意味がわかってやっている感じでは無さそう。

困っていること

・顔や首を攻撃してくる

サークルの中に親が居さえすればご機嫌で一人遊びをしてくれるのですが、それをいいことに寝っ転がろうとした途端、嬉々としてアイアンクローを繰り出してきます。抱っこをすれば首をつねってきます。手指の発達は喜ばしいですが、とにかく痛い。保育園でお友達にやってしまわないかが心配です。

・授乳時に歯が当たる

上下の前歯が2本ずつ生えました。授乳中に噛まれて血が出ることも。歯が同じところに当たり続けると辛いので、枕を駆使して向きを変える日々です。大きく重くなってフットボール抱きも大変。久しぶりにピュアレーンも引っ張り出してきました。

・ベビーカー拒否

ギャン泣きするようになりました。最近はもっぱら抱っこ紐です。ヒップシートキャリアが役立っています。レンタルしたベビーカー、違う型を試してみるかいっそのこと契約解除してしまうか…。

グッズ

基本的には今までの延長です。過去記事にも書いた積み木とベビージム、それに絵本が好きなようです。リモコンが気になるようなのでボタンが押せるおもちゃを買い足しました。

アンパンマンはじめてスマートフォン

色々な音が出ますがうるさ過ぎません。そばを離れる時にメロディーを流してあげると時間稼ぎになります。一定時間操作しないとボタンを押しても反応しなくなり、電源OFF→ONが必要なのがちょっと面倒。

1日の流れ

・08:00 起床

・08:30 離乳食①

 朝寝(1h) 

・11:00 授乳①

・14:00 授乳②

 昼寝(1h)

・17:00 離乳食②

・18:30 お風呂

・19:00 授乳③

・22:00 授乳④

・27:00 授乳⑤

時間は前後することも多々。④をミルクにしています。離乳食は9ヶ月に入ってから3回食になりました。そちらは別途記事に書きます。おむつは引き続きLサイズのテープとパンツを併用しています。

最後に

色々なことができるようになって嬉しい反面、軌道に乗ったはずの授乳も辛くなりましたし後追いで家事は進みません。どんどん次の課題があらわれるので、落ち着く暇もなくあっという間に時間が過ぎていく感じです。気がつけば保育園入園まであと1ヶ月と少し。一日中一緒にいられる今の期間を大切にしたいです。

【子育て】保活の道のり

なんとか内定を頂きました。

前提

そこそこ激戦区なため、1歳児クラスの入園は絶望的。コロナのなか復職するかどうかの迷いもありましたが0歳4月入園を選択しました。5月生まれなので生後11ヶ月で0歳児クラスに入る形です。来年度まで育休を伸ばしても今より状況がよくなるとは限らないし、でもあと2ヶ月か…。等と色々ぐるぐる考えつつ準備を進めています。

※過去の記事もあわせてご参照下さい。

5月生まれの保活振り返り

2〜3月(産前)

・ネットで助成などの情報収集

・役所で前年度の入園案内を入手

あわよくば産前にいくつか見学したかったのですが、コロナ&里帰りによりこれ以上は活動できず。絶対にココに入りたい!という園があれば別ですが、夏から見学スタートという園も多かったのでそこまで焦る必要はなかったかも。役所も前年度分の調整真っ只中で「まだ先なので…」とやんわりと相談を避けられました。

7〜8月

・候補園のリストアップ

・条件、質問事項の洗い出し

・見学申し込み

うちの自治体だけかもしれませんが、保育園の一覧や倍率などのデータがpdfでしか提供されていなかったのでちょっと面倒でした。しかも認可外の情報は自分で調べないと無かったので、ネットで探して併せて一覧化して夫と共有しました。Googleマップなども活用すると家からの距離感が掴みやすいです。

認可は最悪見学無しでも申し込めるため、認可外から優先して見学申し込みをしました。園によって電話、WEB、メールとコンタクト方法は様々。見学中止のところも多かったです。タイミングを見計らって何本も電話をかけたり、先着順の見学会に申し込むため定期的にHPを覗きに行ったり…。

9月

・見学

見学で結構印象変わりました。子どもたちが遊ぶ姿を眺められるのも楽しかったです。なお、暑い時期なので1日に何個も見学を詰め込むのはおすすめしません。暑さ対策をして急いで行って急いで帰ってくるという感じでした。コロナ対策のため大人1名までOKと言われ、夫はダメかと思いながら行ったら子どもも入室NGで、玄関でパンフレットだけ貰って帰ったことも。zoomでの見学会は夫も参加できてかなり有意義でした。

10月

・認可保育園願書配布開始

・認可、認可外申込

願書は認可は役所や公立の児童館などで配布され、認可外は見学の際にもらえる感じでした。私の自治体では育休延長用の不承諾通知だけ欲しい人向けに、0点で処理される申し込み方法もありました。

1〜2月

・内定通知

・面談、健康診断、入園説明会

ありがたいことに認可園(以下A)、認可外(以下B)それぞれ1つずつ内定を頂けました。コロナで育休延長した人が多かったのでしょうか。普通だったらA園なのでしょうが、B園の方が印象が良かったのでとても迷いました。

内定辞退

うちの自治体の場合、認可園辞退による減点は年度限りです。どちらにしてもメリデメあり、絶対こっちがいい!という決め手に欠けました。特に迷ったのは以下の点。

悩みポイント1:A園は見学ができていない

HPや外観の印象は悪く無いのですが、コロナで見学中止だったため志望度も低くしていた園でした。

悩みポイント2:何かと融通が利きそうなのはB園

A園の場合、就業状況が条件を満たさなくなったり3ヶ月以上休園したりすると退園になります。保育時間は就業状況を考慮して決定することになっており、蓋を開けてみないとわかりません。B園は特に制限が無く、契約時間も月極で30分単位で変更できます。

悩みポイント3:保育期間の違い

A園は70人程度で5歳児クラスまで。B園は30人程度で2歳児クラスまで。B園なら遅くとも4歳になる春までに転園が必要です。認可外への通園実績による加点もあるため1歳入園よりはハードルは低そうですが、せっかく0歳入園したのにまた保活をすることになります。

 

結局、迷いに迷ってB園を選びA園を辞退しました。貴重な枠を申し訳ありません!

最後に

内定を頂けたからよかったものの、当事者になって初めて保活の大変さを実感しました。保育園に入れるために産まれるタイミングを考えたり育休を切り上げたり、点数が1点でも上がらないか四苦八苦するのって何だかなあという感じです。

今後第二子も希望しているのですが、第二子の出産となった場合に自治体や園によっては第一子が退園させられるケースもあるようです。例えば第一子の入園を申し込んでいる状況で第二子が産まれた場合、第二子の育休を取得せずに産休終了後すぐ復職しないと第一子は退園となります。第一子が既に在園児(入園後)の場合は第一子は退園することなく第二子の育休が取得できます。第一子が既に入園しているかどうか(一度復職しているかどうか)で変わってくるらしいです。何だかもやもやするルール…

引き続き保育園関連の情報はチェックしておく必要がありそうです。あわよくば第一子が認可外に通っている間に第二子出産、育休明けてから兄弟揃って認可園へ、というのがベストなのですが、そううまくは行かないでしょうね。入園準備等についてはまた別途記事にしたいと思います。

【読書記録】2021.01①

この1年ずっと引きこもりがちで緊急事態宣言の生活への影響はあまり無いものの、図書館が開館時間短縮となったこともあり読書記録は今後しばらくお休みします。そろそろ復職の準備をしないといけないんですが、落ち着きそうもないですね。

読み返したい本に☆印をつけています。

ザボンの花(庄野 潤三)

ザボンの花 (大人の本棚)

ザボンの花 (大人の本棚)

昭和30年代の東京郊外にて5人と1匹で暮らす矢牧家の日常を描いた小説。子ども、妻、夫を主人公とした短いエピソードをいくつかまとめた構成になっています。ちょっとだけ戦争の跡が見え隠れしつつものんびりと穏やかな生活に、子どものような好奇心や茶目っ気がある夫婦が素敵。ストーリー自体は他愛もないけれど、読み進めるごとに登場人物に愛着がわいて一気に読むのが惜しくなるような本でした。

赤ちゃんのための補完食入門(相川 晴) 

赤ちゃんのための補完食入門

赤ちゃんのための補完食入門

  • 作者:相川 晴
  • 発売日: 2020/12/29
  • メディア: 単行本

「補完食」の考え方や進め方について紹介した本。「離乳食」とは別の位置付けで、授乳を卒業するというよりも不足してくる栄養を補うのが目的とのこと。早い段階であげるのに勇気がいる食材もいくつかありますが、一般的な離乳食のやり方とそこまでかけ離れているわけではなさそう。ベビーフードの取り入れ方など、実用的なのも嬉しい。積極的にあげたい栄養素については早速意識してみようと思います。

全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました(ママプラグ)

全災害対応!  子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました

全災害対応! 子連れ防災BOOK 1223人の被災ママパパと作りました

  • 作者:ママプラグ
  • 発売日: 2019/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

妊婦や子供がいる家庭での防災の心得についてまとめた本。地震や水害など様々な災害でのエピソードが載っていて、我が家だったらどうするかを考えさせられました。離乳食の進み具合などで必要なものは日々変わってくるので、もう少しこまめに見直さないとと反省。持ち出せるものには限りがあるので、何が必須かを夫婦で相談しなくては。

マンガでわかる! 子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK(佐久医師会 教えて!ドクタープロジェクトチーム) 

長野県佐久市で保護者向けの医療啓発を行なっているプロジェクトチームがまとめた本。病気怪我で気をつけたいポイント、薬の飲ませ方や嘔吐時の感染症対策、災害時の対応などをマンガやイラストを交えて解説しています。とっつきやすくサラッと読めますし、保護者からよくある質問コーナーなど手厚いのも良い感じでした。

アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行(三國 万里子)

アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行

アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行

  • 作者:三國 万里子
  • 発売日: 2014/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

暮らしや土地に根付いた編み物と、それにインスピレーションを受けて作られた筆者の作品を紹介した本。編み物の心得は全く無いので技法などピンと来ない部分もありましたが、写真を見ているだけで楽しくなりました。伝統的なもの、日常使いの無骨なもの、尖ったデザインのもの。自分では見過ごしてしまいそうなものであっても、それにまつわる人々のエピソードや編み物作家ならではの視点を踏まえるとすごく魅力的に見えてくるのが不思議。

【子育て】離乳食振り返り(初期)

あんまりお正月感が無いまま、もう松の内も終わりに近づき。今年も細々とブログを続けていきたいと思います。宜しくお願いします。

そろそろ2回食にも慣れてきたのでいったん振り返ります。

はじめに

なんとなく心がけていたのは以下の通り。

・汚れてもいい服で食べさせる

・食べる前に顔・首をワセリンで保湿

・新しい食材は小児科が受診できる平日午前中に

・冷凍したものは1週間で使い切り

一番最初は嫌がりましたが、今では離乳食用の椅子を出しただけで喜んでいます。それでも時には食が進まないことも。まだ授乳もしているので、少しでも食べたら御の字という気持ちです。

準備したものの詳細は過去の記事をご参照ください。

グッズ

ミルクパン

魚や野菜などを茹でるのに使っています。少量でも作りやすく便利です。でもレンジや炊飯器でも調理できるので必須ではないかも?食べられる野菜が増えてからは、にんじん、芋などはまとめて炊飯器で炊くことが多くなりました。放って置けるし、柔らかくなって潰すのも楽です。

エプロン

エプロンと首の隙間に液体が吸い込まれがちなので、普通のスタイをするかガーゼをはさんだ上でつけています。子どもが掴んでくしゃっとしたり、防水加工の上をペーストがつーっと垂れてしまったりと、エプロンをしていても服が汚れてしまうことも。自分で食べたがるようになってきたらレジャーシートを敷いたり袖付きやタオルタイプのエプロンにしたりと対策が必要そう。

ブレンダー・こし網・すり鉢

初めての10倍粥を炊飯器で炊いて網で裏ごししようとしたら、やり方がよくなかったのか糊のようになりました。ブレンダーなら楽だしサラッとした仕上がりでいい感じ。欠点としては、引っ張り出してくるのがちょっと面倒なこと、少量だと刃がうまく回らないこと。葉物野菜は葉先の部分だけ使用するので微妙に量が足りないときも。そんなときは少しにんじんなどを足してかさ増ししてからブレンダーをかけました。試していない食材を混ぜてしまうとアレルギー原因がわからなくなるのでご注意を!

滑らかなペースト状にする必要があるのは初期だけ。連続使用時間1分の安いブレンダーですが、私には充分でした。少しだけ作りたい時やかぼちゃなど潰しやすいものの場合はこし網やすり鉢の方が手軽。凍らせておろし金でおろす、という方法もあるようですが上記のやり方で満足していたので試しませんでした。

フリージングトレー

トレー検討時は25mlだけあればいいのでは?と思っていたのですが、15mlは数が多く色んな種類を入れられますし、おかゆをよく食べるようになってからは50mlも使うように。一通り揃えてよかったです。底が柔らかくて1つずつ取り出せますが、入れる量や位置によっては取りにくいことも。冷凍庫にスペースがあまりないので、重ねられるのは嬉しい。

マグ

スプーンで慣れさせてからマグに移行しました。吸ってるんだか戻してるんだかという感じですが、少しずつストローにも慣れてきたようです。蓋はあまりきつくないため子どもが開けてしまうことも。持ち手を持って振り回すこともあるので、側で付き添いながらという感じです。

食べ物

事前に買っておいた大望の野菜フレークはかなり便利でした。にんじん、かぼちゃ、じゃがいもは普通の野菜でも日持ちしますし調理もしやすいのでそこまで利点を感じませんでしたが、おすすめはとうもろこし。旬でないと手に入りにくい上裏ごしも大変。余計なものも入っておらず、お湯と混ぜるだけで好きな量だけ作れるのは最高でした。他にも助かったのは以下の通り。

麦茶

一回の量が少ないので作りたい分だけ作れるパウダータイプが便利でした。濃さも調節できます。

和光堂/飲みたいぶんだけ 麦茶

豆腐

冷凍できないので、小分けパックが助かりました。ネットスーパーに取り扱いがなく試せていないのですが、さらに小さな「豆皿豆腐」というのもあるそうです。

男前豆腐店/京の石畳

かぼちゃ

離乳食のストックが切れそうな時に、国産のカット済み冷凍かぼちゃが役に立ちました。

ホクレン/北海道産かぼちゃ

トマト

旬でないとなかなか手頃なトマトが見当たらないことも。長持ちするのでストックしておくとちょっと安心。

カゴメ/トマトペースト

最後に

最近はスプーンを掴もうとしたりお皿に手を突っ込もうとしたり。さっと作れてさっと飲めるミルクは楽だったなと。味覚が発達して好き嫌いが出始めたらまた大変なのでしょうね。

ネットで保育園の食材チェックリストをいくつか見ましたが、結構細かくて気が遠くなりました。通い始めたら、小児科に行けるタイミングで食べさせるのもなかなか厳しそう。無理は禁物ですが、今から少しずつ食べられるものを増やしていきたいです。離乳食が始まってからは買う野菜の種類が増えて大人の食事も向上したのがちょっと嬉しい。

【読書記録】2020.12③

今年はクリスマスもお正月も家族だけで簡単に。大掃除は残るはレンジ周りだけ。暗いニュースが続きますが、どうぞ皆様良いお年を。

自分らしい働き方・育て方が見つかる 新・ワーママ入門(堀江 敦子)

自分らしい働き方・育て方が見つかる 新・ワーママ入門

自分らしい働き方・育て方が見つかる 新・ワーママ入門

  • 作者:堀江 敦子
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

3歳児神話など子育ての「神話」に関わる悩みから抜け出し、チームで子育てしていこう、という本。自分の親世代と同じような子育ては現代では無理、と言い切っていて痛快。3年後のビジョンとそれに向けたアクションが取れるようになるためのワークシートなどもあり、モヤモヤの整理の手助けとなりそう。

総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本(宮本 貴美)

総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本

総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本

  • 作者:宮武 貴美
  • 発売日: 2019/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

妊娠・出産・育児に関わる制度やその取り扱いについての本。各種制度についてはある程度目を通していたつもりでしたが、労基法での育児時間の取り扱いなど知らなかったものもいくつか。ネットで探せば手に入る情報なのでしょうが、よくある質問も交えつつ解説されるので分かりやすかったです。総務担当者のためというタイトルですが、社内の手続きフローが整っておらず自分でも動いていかないとだめ、といったケースなどにも。

おやつですよ―くり返し作るわたしの定番レシピ集(なかしましほ)

ほうじ茶に合うような素朴な優しいお菓子のレシピ本。バターや生クリームたっぷり、というようなリッチなお菓子ではないので毎日のおやつにぴったり。シンプルなので材料も少なく時短で作れるのも嬉しい。何も見ずにこういうのがサラっと作れる人に憧れます。

もしかして発達障害? 子どものサインに気づく本 (塩川 宏郷)

もしかして発達障害? 子どものサインに気づく本 (育ちあう子育ての本)

もしかして発達障害? 子どものサインに気づく本 (育ちあう子育ての本)

  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

発達障害の定義や年齢ごとのサイン、子どもと親を暮らしやすくするコツをまとめた本。今はもうアスペルガーと言わないとは知らなかった(DSM-5という基準があるそう)。1つ1つの作業を工程に分ける、絵を貼る、具体的に指示するなどの工夫が興味深かったです。病気とは違い早く見つけて治療するというよりも、どう付き合っていくかを考えていく必要があるとのこと。成長するにつれサインに当てはまる当てはまらないで一喜一憂してしまいそうですが、その後が大切なんだと肝に銘じたいです。

カンテラ日記―富士山測候所の五〇年(中島 博)

1932年に気象観測の拠点として富士山に測候所が設置された後、1936年から職員が日々の出来事を綴った「カンテラ日誌」に解説をつけてまとめたもの。過酷な環境となる冬季も観測できるようにするまでの苦労や、戦中戦後の観測所の様子、滑落や台風の恐怖などが描かれます。もととなったカンテラ日誌はその後、自動観測装置の設置により無人化された2004年まで続けられたものの、2017年に廃棄処分となったそう。職員の私的文書との位置付けで管理が難しくやむを得なかったのかもしれませんが、残念です。

【子育て】生後6ヶ月の成長記録

カメラロールを遡っては、こんなだったっけ!と思う日々です。

できるようになったこと

・離乳食

最初は嫌がりましたが、今のところよく食べてくれています。別途振り返り予定です。

・寝返りがえり

もうすっかりマスターしました。おむつ替えや着替えのときもコロコロ転がろうとするので、手だけでなく足も使ってガードします。疲れる…。

・自分のつま先を掴む

おむつ替えの時に自分で足を持ち上げています。
・ずりばい

ほぼハイハイに近いです。うつぶせの状態からお尻を持ち上げて前後に勢いをつけるのがお気に入りの様子。油断していると頭突きをくらいます。リビングのテレビや書類棚などは100均のワイヤーネットでガードしました。つかまり立ちができるようになったら軽く突破されそうですが。

・お座り

一人で座れるように。まだ不安定で後ろに倒れがちなので注意が必要。

グッズ

ヘッドガード

リュックタイプは側頭部をぶつけないか不安で、ヘルメットタイプにしました。マジックテープでサイズ調整できるものの、まだちょっと大きくてずり落ちてきます。これからの活躍を期待。

エド・インター/音いっぱい積み木

まだ自分では積めないですが親が積んだものを崩したり、積み木を振って音を鳴らしたり。

バンダイ/ベビラボ アンパンマン 脳を育む おでかけ布えほん

月齢的にはもう少しギミックのあるものが良かったかもしれませんが、一人でよく遊んでいます。汚れや破れの心配なし。

エジソンママ はじめて使う歯ブラシ

下の歯が生えてきました。まだガーゼでの手入れで充分ですが、歯ブラシに慣れたらいいなとシリコンブラシを。気に入ったようでかみかみしています。

タグ、リモコン、ティッシュスマホ

結局、そのへんにあるものが一番お気に入りなような気がします。ティッシュの空箱にハンカチを入れてあげたところ、1日で破壊されました。

70サイズは卒業しました。よく動くので身長(cm)+5〜10くらいがいい感じ。外出する際はセパレートを着るようになりました。ズボンとして柔らかいレギンスを履かせていますが、お腹周りはぴったりでも足の長さが余りがち。大きめサイズの七分丈が丁度いいです。足のサイズは10cmちょい。お下がりの新生児用靴下は履かないままサイズアウトしました。5月生まれだと4〜5ヶ月位から履けるサイズのものがあれば充分ですね。

1日の流れ

・08:30 起床

・09:00 離乳食+授乳①

 朝寝(1h)

・13:00 授乳②

 昼寝(1h)

・16:00 授乳③

・18:15 お風呂

・19:00 授乳④ 

・22:00 授乳⑤

・27:00 授乳⑥

時間は前後することも多々。⑤をミルクにしています。朝は早く起きた時は授乳だけで昼前に離乳食にするなど結構適当です。8:30〜11:30位のどこかで離乳食をあげられたらいいかなと。そろそろ授乳③のタイミングで2回食を始める予定です。おむつはLサイズのテープとパンツを併用しています。うんちの後と寝ている時はまだテープの方がやりやすいです。

最後に

全体的にしっかりしてきてコミュニケーションもとれるようになり、幼児感が出てきました。少し前までは何かと不安で人に預けるなんてとんでもない!という感じだったのですが、今はこの感じなら保育園にも前向きに預けられそう、という気持ちになってきています。そのためには1日の流れも朝型で定着させたいところ。カーテンを開けたら起きてくれるのですが、そもそも大人が起きられない…。頑張ります。